水道に関するお悩みはありませんか。

何が原因か

パイプ

雨漏りが起こる箇所はいくつか存在していますが、その中でも屋根から雨漏りするケースは多いです。屋根というのは、雨を最も受ける部分です。また、常に紫外線の影響も受けていることから劣化しやすくなっています。
特に、屋根というのは自分で確認することが難しいですから劣化しても気づきにくい部分です。

屋根の老朽化が進むことで、瓦が割れてしまう、ヒビが入ってしまう、防水シートが劣化している、塗料が剥がれているといった様々な条件によって雨漏りがしてしまいます。放置すると雨漏り修理費も高くなるので、見過ごさないように気をつけましょう。
老朽化はどのような住宅にも起こり得ることですから、築10年を目安にメンテナンスを行なうようにしましょう。

外壁も雨漏りしやすい箇所です。外壁も屋根と同じように外気の影響を受けやすい部分です。
外壁が劣化することで雨水は侵入します。老朽化しているという場合には、ヒビ、割れ、反り、カビなどの症状が出ていますので、そのような症状が見受けられるといった場合には早急にリフォームをしましょう。
そのままにしておくことで、家の寿命を短くしてしまうことにも繋がります。外壁の寿命は一般的に10~15年です。雨漏り修理でお金をかけないためにも定期的にリフォームをしておきましょう。

住まいは、構造上雨漏りがしやすい部分があります。その部分とは、開口部分です。
窓や換気口というのは、常に外気と繋がっている部分です。このような部分と外壁は繋がっている部分ですが、どうしても劣化すると隙間が生じてしまいます。僅かな隙間であっても雨水は侵入してしまいますので、そうしたことから雨漏りの原因となってしまうのです。

こういったシーリング部分の寿命は5年程度と短いです。しかし、そのままにしておくと雨漏り修理の費用が莫大な金額となってしまう恐れがあるので、そのままにしていてはいけません。
雨漏り修理の費用を抑えるためにも、リフォームしておきましょう。