水道に関するお悩みはありませんか。

修理方法

修理

ベランダや屋根というのは常にむき出しになっている部分です。そのため、非常外気の影響を受けやすく、劣化が早まってしまいます。
ベランダや屋根だけではなく、屋上もあるといった住まいの場合には、屋上も当てはまります。
このような場所には大きく3つの雨漏り修理方法が考えられます。

・アスファルト防水
合成繊維で出来た不織布にアスファルトを混ぜ、コーティングを施したものを貼り合わせるといった修理方法です。この修理は、高い防水効果を得ることが出来るだけではなく、価格も安く抑えることが出来ます。
・シート防水
雨漏りをしている箇所に塩化ビニールと天然ゴムのシートを利用して、雨水が侵入しないように貼り付ける方法です。
・FPR防水
ガラスの繊維を強化しているプラスチックを利用した防水方法です。強度や耐久性に優れていて、自由自在に変形することができるので、幅広く利用されています。外壁やサッシというのは、建物の構造上、どうしても雨漏りしやすくなっています。こうした部分は、自分でも劣化を確認することができるので、劣化が確認された場合には早急に雨漏り修理をする必要があります。
外壁やサッシの雨漏り修理をする方法は、主に2つ考えられます。

・塗装塗替え
外壁が劣化している、していないに関わらず10年を目安に塗り替えるようにしましょう。外壁がひび割れ、反りを起こしていることで雨水が侵入しやすくなっています。防水効果が高い塗料に塗り替えましょう。
・シーリング工事
気密性や防水性の役割を果たしているシーリングですが、シーリングそのものが劣化してしまうと、防水や気密性の意味を成さなくなってしまいます。シーリング材も経年劣化しますので、定期的なメンテナンスが必要です。